日本の美術の授業ではよく使用される「わりばしペン」を用いて、

最初は1本、そして2本、3本と継ぎ足して同じモデルを描いていく。

「わりばし」が長くなるほどコントロール(写実性)は失われていく。

0001.jpg
S__9060372.jpg
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
0007 - コピー - コピー.jpg
002-2
003
004
008
007
006
005
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
001
002
004
003
005
006
007
008
009